本文へスキップ

障害者・高齢者と共に歩む 特定非営利活動法人パラボラジャパンです。

〒252-0206

神奈川県相模原市中央区淵野辺3-20-17-101

キッズタウン「ゆめみはら」参加報告

日時:29年7月30日(日)10時から16時
場所:けあき会館 2階(大・中研修室)と3階(サポートセンター、セミナールーム2・3、中会議室)
参加者:市内の小学4年から6年生 150名
参加団体:役所関係、企業関係、市民活動団体、大学生ボランティア

「キッズタウン」とは?

子どもたちと団体が運営する仮想のまちです。 ここでの体験を通して実際のまちづくりについて遊びながら学び、異年齢間の交流を通して、 自立心や社会性を養い、働く楽しさや大変さを学んでいきます。

「ゆめみはら生中継局」

キッズタウンは大人(父母)は参加できず、控室で待機して戴いております。そこでキッズタウンの様子を iPadで撮影し控室で投影して、大人の方達に映像情報としてお伝えるする「ゆめみはら生中継局」を開局いたしました。

機器:アイパッド2台、プロジェクター1台、無線ラン親機1台(3階)、Yモバイル1台
参加者:私共4名と小学生8名(4回撮影&インタビューを実施)
開会式と閉会式は、私達が撮影を行い、途中の4回は小学生がタウンの様子や活動の様子をインタビューを交え撮影し放映しました。

写真1:
お仕事の受付&説明
写真2:
大人(父・母)控室
写真3:
開催式の様子
写真4:
インタビュー1
写真5:
インタビュー2
写真6:
インタビュー3
写真7:
インタビュー4

所感

1、今回は、モバイルルーターの使用で、通信が途絶えることが、殆どなかった。
2、開会式と閉会式は、20名程の親御さんが集まり、ライブで子供達の様子を見ていました。
3、お仕事をした小学生8名の感想は、「質問が浮かばない」「答えてくれて嬉しかった」   「インタ  ビューすることで、いろいろなことが分かった」等。
4、一緒に回ったスタッフは「子どもたちが、インタビューの力を付ける良い機会」だと思う。
5、アイパットのカメラ位置をとらえて映すのは、少々難しい。(手ぶれ、移動時の速さ)
6、今後については、ライブ映像の必要性は高く、継続した方が良い。
7、小学生の参加については、他のブースと競合する部分や、子どもたちの興味と結び つかない面もあ  り、今後の課題となりました。



障害者・高齢者と共に歩む
特定非営利活動法人
パラボラジャパン

NPO Parabola Japan特定非営利活動法人パラボラジャパン

〒252-0206
神奈川県相模原市中央区淵野辺3-20-17-101
TEL 042-755-9010
FAX 042-707-8352